“異文化理解力”を読んだ

異文化理解力を読んだ。

現在、新しいチームの立ち上げとして異文化の環境で活動を始めている。
その中で、単なるGitHubなどの上での活動ではなく、直接議論したり、対話したりする必要がある。

この書籍自体を信じるすぎることは、特定の文化などへのステレオタイプを生むことになったりとマイナスな面もある。そのため、こういう面もあるという一つの意見としてしる、に止めることが大事だと思う。そのため、そのことを考えながら読んでいた。

異文化を考えるときに考慮した方が良い指標として、以下をこの書籍では言及している。

  1. Communicating
  2. Evaluating
  3. Persuading
  4. Leading
  5. Deciding
  6. Trusting
  7. Disagreeing
  8. Scheduling

この中では、日本も多々出て来ていて、日本やアジア圏はハイコンテキストな文化というような、自分でも納得するような見解も述べられている。一方で、日本人でも自分の周辺は少し雰囲気が異なる面もいくつかあり、やはり1つの意見として触れる方が良いという感じ。

また、フィードバックを行うときなど、”ネガティブさ”を強調する、弱める言葉がある。フィードバックは大事だが、簡単に関係を壊したり、逆に意図が伝わらないことも多い。そのためこういう言葉を使いつつ、ちゃんと伝える/和らげることを覚えたい。

批判を和らげる言葉としては: kind of, sort of, a bit, maybe, slightlyなどがある。
批判を強める言葉としては: absolutely, totally, stronglyといったお馴染みの言葉が並ぶ。

多分化なチームはやはりコミュニケーションコストが増える。そのため、時間を節約したいのであれば文化の違いを抑える構成にする必要がある。一方で、イノベーションや創造性といったところを時間の節約以上に重視するのであれば文化の多様性を、プロセスをしっかりした上での取り入れると良い。

このような視点からも、この異文化というものは見て取れることができる。

信頼の形もいくつかあって、1. cognitive trust(認知的信頼) , 2. affective trust(感情的信頼)にも分けられる。

これは、前者はタスクのような認知されるものをベースにする一方、後者は関係性といった要素をベースにする。つまり、業績や技術といった確実性に対する確信に基づく信頼と、親密さや共感・友情といった感情から形成されるものに分けられる。

全体を通して、日本に関して言及しているものの中でも納得できるもの、できないものもあった。そのため、やはりステレオタイプではなく、全体としてこういう 多様さがある ことを認識する1つの意見と理解するのが良いのだと思えた。

英語で対話することが中心になるため、他者にも伝えることができるようにこの書籍の原書よりも少し新しい、英語の The Culture Map を読んでみようかと思っている。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s