Read “Functional Programming: A PragPub Anthology”

Functional Programming: A PragPub Anthology を読んだ。まだβだったけれど、内容はだいぶまとまっててあとは微調整して発売という感じを受けた。

The Functional Paradigmから入り、Scala、Clojure、Elixir、Haskell、Swiftと関数型というテーマに絡めたそれぞれの言語の特性に触れながら話は進む。それらがひととおおり終わり、考え方を経験した後、Going Deeperということでそれらを再び題材に、より言語毎の特性、テスト(コード)の話、タイプシステム、The DCI architecture、そしてLuaと理解を深めていく。

この書籍をまるっと読むと、いくつかの言語から関数型言語、関数型な考え方に触れ、それらを学ぶことができる。さらには軽くそれらに触れることで、いわゆる写経もやりながら理解を深めることができるので、とっかかりとしても有用な内容だった。特に前半は、その言語に触れたことがある人からすると読み物的な内容に見えるので、考え方を整理するという形で触れることができると思う。

個人的にはElixirやSwift、Testing周りが関係が強いので、そこら辺は特に楽しむことができた。

例えば、ElixirやSwiftのProtocolの話。SwiftではProtocolはGlobalスコープに対して定義される一方で、Elixirでは特定の型に対して定義することができる。そのため、影響範囲を限定することができるのでより安全に利用することができるという話も。

テストの話としては、Elixir、Haskellが題材になっていてよかった。Elixirの話では、TrueStoryを題材にして、可読性の高い(テストしたいシナリオ・ストーリーを理解しやすい)テストコードの書き方に対しても言及している。その中で、パイプ演算子を使った関数型としての書き方に触れながら話を進めている。

Haskellでは、型システムのほか、C言語で書かれたコードをHaskellでラップしてテストコードを書いていく方法を載せている。ほかの言語をテストするためにHaskellを使う形は興味深かった。

やー。思いの外、Elixirに関する話が多かったのとHaskellを使った説明も多く、個人的にはそれだけで満足度が高かった。Haskellはがっつり触れたことはなく、考え方を学ぶために触れている側面が強いけれど、触れる機会が増えてきたらまたこの書籍でさっとHaskellは頭の中を整理したい気分。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s