read “ZERO BUGS シリコンバレープログラマの教え”

ZERO BUGS シリコンバレープログラマの教えを読んだ。
タイトルと、その副題の高品質なコードを書くための物語というところですね。

エッセイ形式なので、全体を通して、物語を楽しむように読んでいきました。
わかる、あるある、なるほどなーというようなところが色々あり面白かったです。

「すべてのエラーは、あなたが最後にプログラムを変更した場所から3行以内にある」 by Joe Armstrong の引用。

ドナルド・クヌースの、ソースコードがドキュメントになるような文芸的プログラミング(literate programming)に対する考え方。

トランザクション処理のACID(Atomic, Consistency, Isolation, Durability)への言及。

人月の神話と、小さなチームならどんな方法論も上手くいくという話。これは、プログラマが習熟すれば、自分自身を実質的に管理できるようになるから。

Linuxカーネルのコードスタイルにある、それぞれの関数のすることは1つのことだけという姿勢。それとそのコードたちがPolymorphism、オブジェクト、関数型プログラミング、メッセージパッシングの全てをCで実現していること。

OpenBSD開発における、1箇所の修正に対して全体を見直すという、局所と全体の繰り返しのループ。

Erlangのモジュール同士のメッセージパッシングの形が、アラン・ケイがオブジェクト指向で表現したかったアイディアの理想形の1つであるという話。

などなど。

私の専門は品質/テストにあたる分野ですが、そのような立場の人も様々な領域を学ぶ必要があるのと同様、こういう話も知ってもらいたいですね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s