[Kotlin]Kotlin in Action vol2

Kotlinを継続して学んでいます。

valvar
when の使い方とか、 while とかとか。
1..5 といったRangeの書き方とか。

私のバッググラウンドとしては、Elixir(Erlang)やSwiftもある程度学んでいるため、そこらへんと照らし合わせるとかなり既視感の強い書き方が目立った気がしています。

ここら辺の記述形式はかなりElixir/Erlangを感じましたね。

fun fizzBuzz(i: Int) = when {
    i % 15 == 0 -> "FizzBuzz "
    i % 3 == 0 -> "Fizz "
    i % 5 == 0 -> "Buzz "
    else -> "$i "
}
fun recognize(c: Char) = when (c) {
    in '0'..'9' -> "It's a digit!"
    in 'a'..'z', in 'A'..'Z' -> "It's a letter!"
    else -> "I don't know…​"
}
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中