Architecture for GUI Testing(mobile)

In 2014, I talked about GUI testing architecture.

Recently, someone asks me about the architecture.So, I post the blog about it.

The following flow means the architecture. I think this architecture is common if anyone uses libraries such as Cucmber.

  Scenario     Abstract     Wrapper    Binding     Appium
(*.feature)   (*_steps.rb)  (*.rb)
     |           |            |           |          |
     |---------->|            |           |          |
     |           |----------->|           |          |
     |           |            |---------->|          |
     |           |            |           |--------->|
     |           |            |           |          |
     |           |            |           |<---------|
     |           |            |<----------|          |
     |           |<-----------|           |          |
     |<----------|            |           |          |
     |           |            |           |          |
  • Scenario layer
    • Describe scenarios.
    • This layer depends on “User scenarios”.
  • Abstract layer
    • Implement steps to run scenarios as Ruby code.
    • This layer absorbs the changes in scenarios.
  • Wrapper layer
    • Wrap binding.
    • This layer absorbs the changes in bindings.
  • Binding layer
    • Ruby binding

PageObject pattern is very famous. In this case, scenairo layer and abstract layer depends on pages. BTW, wrapper layer is common methods to help other layers.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中