read 「料理のアイデアと考え方」

料理のアイデアと考え方 -9人の日本料理人、12の野菜の使い方を議論する- を読んだ。

日本料理を専門とする料理人が、どのような考えで、何を狙って、技術/表現を使ってデザインして料理を造るという一連の流れを知ることができました。やっぱり、ソフトウェア開発など含め、達成したい意図を落とし込む、というところは同じものがありますね。

面白かったのは、この中で各々の対談の記録を形態素解析などの分析にかけてどういうものが日本料理として大事にされているのか、という思考パターンの分析などもしていたところです。世界の地域ごとの料理で何が大事にされているのかなとが分析、可視化されて面白かった。

書籍では幾つかの食材をピックアップしていたのですが、ナス、トマトのところで取り上げられていた料理たちが個人的には美味しそうだった。ので今度作ってみよう。

read 「料理のアイデアと考え方」」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中