[Android]codelabsがいろいろ参考になる

最近、Googleのcodelabsを覗きながらGoogleIOであった新しめなツールの把握をしています。

https://codelabs.developers.google.com/

どのくらい時間かかりそうかも書いているし、実際経験したことある人だと表示されている時間ほどチュートリアルにも時間がかからないので効率的にざっとした内容は把握できそうな気がします。

ConstraintLayout

ConstraintLayoutを試してみました。

こちら

AppleのStoryBoard上でAutoLayoutを操作する感じで使えますね。
サンプルを基に、自分で少しやってみました。
https://github.com/KazuCocoa/myconstraintlayout

XMLは微調整をする時以外見なくてよさそうな感じまでなると良いですね。古くからAndroidアプリ開発されている方はXMLとの対話の方がまだ効率的なのかな。

Android Testing Codelab

こちら

これはオマケみたいなものです。

Espressoを使ったサンプルと、MVCの説明ですね。Activityへの依存性を少なくしてテスト可能な範囲を広げるとか、interfaceを定義してその実装をstub/mockするやり方とか、そこらへんの導入が書いています。

Espresso-contrib はRecyclerViewに対して使えるメソッドを提供していたのは知ってたのですが、 DrawerActionsDrawerMatchers に対してもそうであったのですね。ここは知らなかった…
(と思ったら、ATSLのページには書かれていた.. Espresso-contrib for DatePicker, RecyclerView, Drawer actions, Accessibility checks, CountingIdlingResource)

あと、@SmallTest, @MediumTest, @LargeTestの説明あったけれど、社内で定めた基準とだいたい同じ感じ。

そういえば、Espressoでは、waitとか用意しなくて良いのね。Espressoのテスト、ちょっと調整しよう。

Espresso waits until the UI is idle before it moves to the next operation. Likewise, it waits for AsyncTask background operations to complete. In general, this should address the majority of test synchronizations in your application. If you have written UI tests before, you will appreciate this feature – there’s no need to add waits or synchronization points to your app!

一方、独自でbackground処理を書いている時なんかは自動で待たれることはない。そんな時に使うのが idling resources 。

If you have run into a situation where you cannot rely on Espresso to automatically handle the synchronization for you, you can use idling resources and still rely on Espresso for synchronization.

TestLabs

アカウントが無料枠ではFirebaseのTest Labsを使えないのですが、こちらで従来のものと差分があるか程度には確認しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中