Reading “Raft” – consensus algorithm

Raftという、合意アルゴリズムが存在する。これは、多数決を元にした多数派の意見を決定するためのアルゴリズムで、分散環境下における合意形成でも使える。最近、分散系の幾つかのWebサイトを眺めていると見つけた。

私は、こういう系統の技術分野は大学院の頃にByzantine General Problemを扱ってから比較的興味を持っている。

実際のツールだと、CoreOSのetcdやhashicopeのconsulなんかで使われているみたい。

Raft自体に関係するところは以下。

幾つかの言語で実装されているみたい。etcdではgolangぽい。

幾つかRaftの論文のreferencesを見てみましたが、Byzantine faultなんかはやぱり参考にされていました。2014年が論文としては初出?

LESLIE LAMPORT氏によるByzantine General Problemの問題は、懐かしさがある(大学院の頃によく読んでいた)。最近はご無沙汰だけれど、技術だけの話でいうとこれ系が関わる仕事はしてみたいな。

参考

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中