[Alexa]learn skill kit more

Alexaは、単にテキストを話すほかに、意図した感じでテキストを話させることが可能です。
そのために、SSML(Speech Synthesis Markup Language)形式でテキストを書きます。

以下のように typespeech を与えると、Alexaは “Hoge (0.5秒間を開けて..) Hoge” と話します。

var speechOutput = {
    speech: '<speak> Hoge <break time=\"0.5s\" />  Hoge </speak>',
    type: AlexaSkill.speechOutputType.SSML
};

また、以下のようにすることで、音楽も流すことができるみたいです。実際、流れました。

speechOutput = {
    speech: "<speak>Welcome to Tide Pooler. "
        + "<audio src='https://s3.amazonaws.com/ask-storage/tidePooler/OceanWaves.mp3'/>"
        + whichCityPrompt
        + "</speak>",
    type: AlexaSkill.speechOutputType.SSML
},

2016年4月9日現在、サポートされているタグは以下のようです

  • audio
  • break
  • p
  • phoneme
  • s
  • say-as
  • speak

https://github.com/KazuCocoa/alexa-wise-guy

また、Alexaは外部に向けてHTTP通信で取得した値を使うこともできるみたいです。

参考に、以下では取得した情報を話していました。

https://github.com/KazuCocoa/alexa-tide-pooler/blob/master/src/index.js#L341

参考


ここまで調べて、やりたいことはできそう、までわかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中