デブサミ2016でモバイルアプリ開発に関してお話しさせていただきました

以下の通り、お誘いいただいたこともあって、デブサミ2016でお話しさせていただきました。

http://event.shoeisha.jp/devsumi/20160218/session/1055/

Googleのとある書籍に習って、テストに関わる職種から見た開発、というものを書いてみました。ただ、ハードウェアは関係ないので”ソフトウェア”をつけています。

がっつりソフトウェアテストの技法だとか、どう活用しているという話は JaSSTSQiP でされる方がよくて、デブサミでは 自身の体験をもとにしたその周り 、という形の方がイベントの趣旨としても良さそうだったので今の物語の流れにしました。聴講者、デブサミは開発よりな人だったり開発上がりのマネージャな方なイメージだったので、時間帯も考えるとがっつりテストの話は眠くなりそうと感じたので。なのでQualityを真ん中に置いてその改善という流れにしてみました。

テストという局所的な話よりも、開発全体の中でQualityを高めるためにどうしたか、その中でテストエンジニアというものがサービス開発にどう関わっているのか、貢献しているのかが一連の流れで分かると良いなと思いました。

テストというQualityに対する一部を取り出してそこだけに深く関わるのではなくて、こういう感じで広く関わって、品質を向上させるところに 知を使う のがテストエンジニアとか、QAエンジニアと言われる方々。ソフトウェアテストの開発の上流工程から〜と言われるところの仕様というところをさらに広げた、多分もっと根本的にあったであろう活動全般になるのでないかな。(と信じてはしますが…)。日本でいう、1990年代にあったとされる品質活動と同じようなことをしている感じ。(実際にはその頃の話は聞いただけなので、想像ですが…)

品質に対してアリストテレスの話を出したのですが、そこらへんも反応がなかったので “がっつりソフトウェアテストの技法だとか、どう活用しているという話は JaSSTSQiP でされる方がよくて” という判断は正しかったぽい。(多分、そこ専門に学んでいると多少なりとも知るのでないかなと思ったので)。でも、そのあとのとある会話でSQiPやJaSSTでもそんなでもないかも、と言われたので、そんなでもないのかも。

あ、 toteka の宣伝の箇所が一番ウケがよくて、良い緩和剤になってくれました。

運営に携わっていました方々、ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中