『ユーザインタフェース開発失敗の本質』を読んだ

ユーザインタフェース開発失敗の本質を読みました。

名著である失敗の本質と同じ”失敗の本質”を題名に置いていたので、試しに購入してみました。

内容自体はよく耳にするユーザインタフェースが関わる開発における失敗パターンの説明に成ってます。それらを、原理主義として大別し、分析したというものでした。内容自体も経験とかけ離れてもないので、多分外れてはないと思います。日本軍の話ほど記憶には残りませんでしたが…

  • ユーザビリティ原理主義
  • アルゴリズム原理主義(及びロンギング原理主義)
  • すごいデバイス原理主義
  • 多機能原理主義
  • 人に「自然」なインタフェース原理主義
  • エージェント原理主義
  • ユーザの声原理主義
  • メタファー原理主義

原理主義は時折現実から目を背けるような傾向を示しますが、そこを認識した上でうまく付き合いたいですね。

広告

『ユーザインタフェース開発失敗の本質』を読んだ” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中