『自由をつくる 自在に生きる』を読んだ

自由をつくる 自在に生きる (集英社新書) を読みました。ちょうど東京に戻る新幹線の中で。

森博嗣さんが書かれていたので、惹かれて読んでみました。

自由、というものに対する哲学的な話なのかと思いましたが、予想通りそうではなかったことが良かったです。自由を如何に作るか、どのような制限を受け入れるか、といった普段の生活の中での話が中心でした。

最終的には自分で考える、というところが多かった印象です。

制限というのは自由であることよりも幸せであることも多く、そこらへんの考え方に触れることができたことが面白かったです。

『自由をつくる 自在に生きる』を読んだ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中