『ヤバい統計学』を読んだ

ヤバい統計学』を読みました。きっかけはなんだったのかな。覚えていないですが、確かKindleの安売りセールのときに目に止まって、読み物的に読み始めた記憶があります。

読んだ感想としては、特に”ヤバい”ところがパッとせず、大学でおそらく統計学などを学んだ人からするとそうだよね、というものが多いように見えます。見方によって色々解釈が変化するジレンマだったり、直感の裏にある統計的な視点であったり。

大学の頃、よく教授に『世の中は確率に満ちている。学ばなくても問題はないが、学んでいかせていれば賢く生きることができる。』といった感じのことを聞いていました。そこの実例が載っている感じ。

どうやら、原書は”numbers rule your world”のようで。確かに、そのタイトルからすると納得な内容でした。ふむ。

『ヤバい統計学』を読んだ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中