『dRubyによる分散・Webプログラミング』を読んで分散処理を思い出す

dRubyによる分散・Webプログラミングを読みました。

この書籍ではdRubyのモジュール解説だけでなく、処理の中心となる考え方や参照渡しと値渡し、マルチスレッド、排他制御、Webアプリケーション実装など含めて、分散処理を考える上で基本的な考え方を網羅しています。dRubyは、 require "drb/drb" すると得られるRubyにおける分散処理環境を提供する機構です。

分散処理を考えるとき、遠隔で処理を行うための規格としてRPC(Remote Procedure Call)なんかがあります。それらはクライアント/サーバのスタブを提供し、ネットワーク越しの分散処理環境の構築を支援します。一方、dRubyでは、オブジェクト同士の通信の概念をネットワーク越しにまで拡張して、分散処理機構を構築します。Pure Rubyで実装されている、というところもとても素晴らしいですね。

私はここ半年いかないくらいの間、Erlang/Elixirをざっと学んでいました。なので、分散オブジェクト同士のコミュニケーションの取り方やLindaのRuby版であるRindaのTupleSpaceなんかの役割など、プロセス間のメッセージパッシングやETSを対比として理解を深めることができました。

この書籍、2005年の段階で関さんによって書かれていることがすごいですね。(その頃はまだ私は大学に入りたてでコンピュターにさえ慣れていなかったな…)

広告

『dRubyによる分散・Webプログラミング』を読んで分散処理を思い出す」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中