『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』を読んだ

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』を読みました。誰かから勧められたからか少し記憶に無いのですが、Kindleにあったので、くらいがきっかけです。

デザイン思考系は幾つか過去に読んだことあるのですが、過去読んだものは比較的具体的な技法といった話を扱っていました。それに対して、この本はそのデザイン思考に対する入口的なものだと思います。

別の書籍からの影響も含め、新しいことを生み出す感性を6つに区分し、

  • 機能だけでなくデザイン
  • 議論よりも物語
  • 個別よりも全体の調和
  • 論理ではなく共感
  • まじめだけでなく遊び心
  • モノよりも意義

を提示していたりします。比較ベースで、xxxよりもyyyという形で説明している姿はAgile Manifestoをそのまま思い浮かべさせられます。

この他に関しては、いわゆる問題解決型の考え方を主にデザインする人の視点で述べています。サービス開発を経験している方だと、多くは普段の開発そのままを示していると思います。

広告

『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』を読んだ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中