『誰のためのデザイン? 増補・改訂版』を読んだ

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論を読みました。

健康診断の待ち時間で、3分の2以上読み終えてさっくり読めた感じ。

この書籍は、多くの事例を交えながら、デザインに関して考察を行っていました。参考文献を見ていると、すでに読んだことのあるものもちらほら。それも相まってか、事例以外のロジック的な話は多くは聞いたことがあるものでした。

教訓は簡単である。我々は人間のためにデザインを行うのだから、人とテクノロジーの両方を理解しなければならない、ということである。

アフォーダンスやシグニファイアという捉え方。デザインに対する見方など、中々に情報が整理された気がします。人間中心デザインは知ってましたが、活動中心デザインはあまり聞いたことがありませんでした。

2種類のエラーの話、スイスチーズモデルの話など、ソフトウェアテストに関わる話も散見されました。ソフトウェアテストでは、古くはISO 9126、認知工学ではISO 9241、新しくはISO 25000でこの領域に関して議論されてきました。それらの話も知っていると、いろいろ学ぶ、感じるところがでてきそうです。

ちなみに、ISO 9126の頃にあった 魅力性魅力的品質 ということば、そろそろやめたいですね。そこからさらに細かく分解されていますし。

自分がより良くできない限り、批判しないこと

時間見つけてHCDの書籍を締めとして読もうかな。

広告

『誰のためのデザイン? 増補・改訂版』を読んだ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中