Learning META-PROGRAMMING IN ELIXIR

Macroに関して学んだ。

quote で与えた文字列を Abstract Syntax Tree (AST) としてタプルで得ることができる。
unquote は、quoteで囲まれた中で使うことでquoteの中でunquoteした要素をinjectすることができる。

quoteやunquoteなどはこちらで確認可能。
他にもこちらとか。

defmoduleの中で @before_compile TestCase のように記述することで、コンパイル時にTestCase.__before_compile__/1を実施することができます。このようなModuleに対する定義は以下を参照すると良いとか。

http://elixir-lang.org/docs/stable/elixir/#!Module.html

Getting Startedをすべて終えた…
Macroなんかはまだ馴染まないとなーという感じですが、単純なコードは読み書きできてきた感じ。
ちょっとやりたいことがあるので、Phoenixのtutorialを読んでいこうかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中