システムテスト自動化 標準ガイドを読んだ

この土日は積読の消化をしようと、システムテスト自動化 標準ガイドともう1冊読みました。ここではシステムテスト自動化の本を残します。

このTweetの通り、内容は システムテスト に限りませんでした。個人的には システム は入れなくても良かったのでは・・・と思いました。

実際に自動化に取り組んでいたり、代表的なテストの書籍を読んでいるとそうだよな、という感じで納得できる内容が丁寧にまとまっている感じでしょうか。特に、キャプチャ&リプレイの話だったり、保守しやすい形、自動比較の話なんか。

今、第4章の自動比較、検証が個人的に今悩んでいます。特に、モバイルアプリではViewに対する評価を、単なる表示される要素の確認以上しようとすると画像比較以外できません。その画像比較は最終的には人の目に頼らざるおえないので、時折漏れが発生します。そのため、人目で見ることを前提に、気づきを得られるような施策を打つことはしますがそれ以上どこまでできるか考えます。

これ読んでて思ったのですが、なんだかんだで私はデータ駆動、キーワード駆動のテストまで実装していたのですね。

システムテスト自動化 標準ガイドを読んだ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中