ActionSheet()ではなくaccessibility_idでアクションシートの要素を操作する

UIAutomationで、actionSheetの取得は正常に実施できないので、accessibility_idによる要素取得にしたほうが良さそうだ。

alertは問題ないので、alert viewに関してはそこまで考えなくても良さそう。

例えば、以下のようにactionSheetを取得しようとすると、UIAElementNilが取得される。むむむ。。。


info: [debug] Got result from instruments: {"status":17,"value":"Cannot perform action on invalid element: UIAElementNil from target.frontMostApp().actionSheet().buttons()[\"キャンセル\"]"}

info: [debug] Responding to client with error: {"status":17,"value":{"message":"An error occurred while executing user supplied JavaScript.","origValue":"Cannot perform action on invalid element: UIAElementNil from target.frontMostApp().actionSheet().buttons()[\"キャンセル\"]"},"sessionId":"b412bcd4-d867-43df-9e3e-cafe2672ca05"}

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中