Bugsnagを使ってみたが、良さそうだ

主にはモバイルアプリのクラッシュログなどのログ管理に関して、最近の流れを知りたいと思いいろいろ物色してみました。類似サービスとしてはCrashlyticsなんかがありますが、いろいろ使っていると機能的に柔軟性が足りなかったりして目的に沿った利用ができないことが増えてきて、他に手頃なサービスあるのかなと思ったことも要因です。

Crashlytics以外にもいくつか調べた中で、最終的に良さそうと思ったのはBugsnag

Bugsnagは以前どこかで見たか聞いたことあったのですが、そのときはCrashlyticsのように整ったGUIがある方が使い勝手が良かったのでそこまで調べてませんでした。一方、最近ではGitHubとの連携など、サービス間の連携に対して価値を置くようになりました。そのため、ここでちょっとちゃんと使おうと思って使ってみることにしました。

Bugsnagが良かったところ

多くのプラットフォームに対応したログ収集サービス

ログ収集サービスに特化していることもあり、多くの言語、プラットフォームをサポートしていました。

リファレンスが書いてあったものでRuby、Python、PHP、Laravel、WordPress、Android、Cocoa、Node.js、JavaScript、Unity、Java、EventMachine、Go、.NET。

私は今回はおもにAndroidのリファレンスを読んだだけなのですが、ログのフィルタリングやビルドの種類ごとにログに対してプレフィックスを変えるなど、よくできたSDKなように見えます。

ログを取得するときはBagsnag上で見ることもできますし、BagsnagからStreamとしてログを自分たち絵取得することもできるなど、APIの連携もちゃんと整っていました。参考になる。

Bugsnagの方々、ログ収集の知見、深そう。

豊富なAPI

ドキュメントを眺めるとわかるのですが、ログを取得するためのAPIを豊富に提供しています。

例えばCrashlyticsのようなサービスだと、ある程度まとまった情報を1つの画面で見ることができますが、求める情報だけでフィルタリングするといった細かいところまでは手が届きません。そのため一時期はWebhookを使おうと思いましたが、WebhookにはCrshlyticsへのURLが含まれているだけなど、ログを取得するにはCrashlyticsのGUIを最終的に見るしかないし画面のカスタマイズがそこまで柔軟ではないので欲しい情報だけ絞って見ることが難しい状態でした。

なので、豊富なAPIは自分たちのみたい情報でフィルタリングするWebアプリを作ればそれらが見る事できるし、便利そう。

GitHubとのissue連携

GitHubとだけではないのですが、バグトラッキングシステムとの連携もちゃんとしていました。GitHubを例にとると、Bugsnagからissueの作成はサポートされているのは当然なのですが、ちゃんと連携しているissueが閉じられたらBugsnagのエラーも解決済みにマークされるのです。また、すでにGitHubにissueとして作られている場合、そのissueをBugsnagと別途連携させることができます。連携したら、やはり閉じられると閉じられる。

こういう流れができるわけですね。

クラッシュなどの不具合、特定のログが一定数発生 => issueを作成 => issueベースで作業

連携済みならBugsnagにマークがつくので、issueとして対応されているものかすぐ判断できます。また、issue作成時になんらかの形で再現性確認を自動化できればさらにハッピーになりそう。(モバイルアプリでは難しそうですが。。。)

以下、GUIと連携の例。

一覧。

Screen Shot 2015-02-11 at 17.45.45

エラーの詳細画面です。

Screen Shot 2015-02-11 at 17.46.01

GitHub issueとの連携箇所。
GHEとの連携もすでに用意されていることろがなかなかいけてますね。

Screen Shot 2015-02-11 at 17.46.28

こんな感じで投稿されます。

Screen Shot 2015-02-11 at 18.26.26

issueとの相互連携もできます。関連付けておくと、issueをCloseした時点で、Bugsnagのエラーも解決済みのマークがつきます。

Screen Shot 2015-02-11 at 22.40.21

よくなかったところ

良かったところ以外でいうと、GUIは他の類似サービスよりも劣ってるとみられる気がします。ただ、GUIを優先したいという要求は私にはないので、そこはさほどマイナスではないです。(むしろ、ログ収集ツールとして気軽に組み込める体裁を維持しているところがすごいと思いました)

他は、Android以外使ってないのでなんとも言えないです。。。なんかすみません。

締め

Trialが14日間で、それが終われば制限化でFreeで利用することもできるようです。私自身の個人利用はFreeで大丈夫なので、今後も使っていきたい。

こういうログ収集システム、サービスの拡大につれて自社で作る状態に落ち着きそうですが、そこまでなる前の段階ではかなり良さそうなサービスに思えます。Crashlyticsなんかは、少数のアプリを監視すれば十分な状態ではほぼ満足いきますが、監視すべきアプリが増えたりしてくると物足りない。その中間がBugsnagで、そこからさらに拡大すると自社、という流れになるのかなと思ったりしました。

これで、私のAndroidアプリの開発環境は以下の形で落ち着きそう。

Circle CI + Bugsnag + Deploygate

Bugsnagだ!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s