KarmaのMicroserviceへの取り組みを読んでみた

KarmaのMicroserviceへの取り組みを読んでみた。

検索する限りでは、以下URLの企業のよう。

Microserviceにおける、個々のサービスがコミュニケーションする方法として以下の2通りを用いているそうな。

  1. Communicate each other with HTTP requests
  2. Communicate each other with a message queue

この中で、HTTPリクエストベースで、あるサービスから別のサービスへメッセージを投げる形をはじめはとっていたけれど、これはサービスが増加してきたらより複雑になってくるからmessage queueを使うようになってきたとか。

実現のため、Amazon SNSをイベントを配信するために使い、Amazon SQSをそれらイベントを蓄積するためにつかったそうな。プロセスが成功したらjobがQueueから取り出され、進行し、削除される。もしプロセスが失敗すれば、そのプロセスはqueueに戻ってくる。

新しいマイクロサービスが追加されたら、そのサービスはメッセージのタイプを受け取るか、何のメッセージを配信するかという設定ファイルを読み込む。Fareと呼ばれる内省ツールを使っている。

The Biggest Challenge is Testing とあるように、系として如何にテストするか、が大きな挑戦だと言っていたところが面白かった。

この記事のコメントのところに、Pactの話も出ていて、Consumer-Driven Contracts Design Patternはサービスごとの依存性を緩和する手段としてベストプラクティスになりつつあるのかなという感じを受けました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中