iOS向けBDD Toolsをいくつか使ってみた

OBJC #15 TESTINGを読んでで並べられていたBDD Toolsを使ってみました。今更感あるものもありますが、そこは復習込みで、という感じで。

Swiftで書かれたものに関してはGitHubにサンプルを作りました。Objective-Cのものは確認程度。あとはXcode 6 Beta時代のTDDチュートリアルを行ってみました。Xcode6.1.1環境で私は実施したので、いろいろAPI変わってて辛かった…

サンプルを使ってみたところと、ざっと見た感じ、Quickは良さそう。Sleipnirは、最近はさっぱり開発が止まっている様子。黒魔術な気がしたSleipnirも、XCTestを使っていないという点で面白そうでした。

Onjective-Cも、知名度も合わせてKiwiを使っていたのですが、Spectaを使ったほうがよかったかもなと感じました…
ただ、SpectaはQuickの開発に本腰入れている感じがするので、今からならSpectaよりもQuickのほうが良さそう。

あと、やはりモバイルアプリはコードレベルでテストを充実できるのはModel、頑張ってControlerレベルですね。Viewははやり実際に描画させないといけないので、AppiumとかCalabashとかが必要そう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中