More Agile Testingを読んで6(final)

最後間で読み切りました。ので、最後を少し。
最後はよく聞くプラクティスなので、なるほどくらいで終わる方も多いかと思いました。

ひとまずAgile More Testingも呼んだので別の本を読もう。

Agile Testing in Practive

最後のこの章では、Agile Testingのいくつかのプラクティスを書いていました。

Chapter 24. Visualize Your Testing

  • Communicating the Importance of Testing
        - かんばんを使ったテストタスクの管理を書いています。目的は進捗を把握することなので、登山のように縦方向にかんばんを管理しているものもありました。
  • Visualize for Continuous Improvement
  • Vivibility into Tests and Test Results

中には、テスターは良いテストケースを用意するためにプログラマーとアナリスト両方の経験が必要とかいていました。

Chapter 25. Putting It All Together

成功しているプロジェクトには、以下があるそうです。

  1. 品質に対してチーム全体アプローチを使う
  2. アジャイルテストのマインドセットを適用する
  3. 自動回帰テスト
  4. フィードバックを得る
  5. アジャイルのコアプラクティスを基本とする
  6. 顧客と協調する
  7. 大局を見る
  • Confidence-Building Practices
    • ベストプラクティスがないと考える一方、テストプラクティスのコアとなるものはあると信じて、それらに関して議論しています。
  1. Use Examples
  2. Exploratory Testing
  3. Feature Testing
  4. Continual Learning
  5. Context Sensitivity
  6. Keep It Real
  7. Create a Shared Vision

Appendixの内容などは本書をご覧ください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中