アジャイルソフトウェア要求vol4最後

Agile手法に対するアーキテクチャーは、個々のチームから複数のチームへとAgile手法の拡大を進めていくと必要になっていく。一方で、AgileやLEANを失わずに進めていくことが課題。

基本的な原則

  • 原則1: システムのコーディングをするチームがシステムの設計もする必要がある
  • 原則2: 正しく動作し得る中で最もシンプルなアーキテクチャを構築していく
  • 原則3: 疑わしいときはコード、もしくはモデルを書いて確認する
  • 原則4: 構築後はテスト
  • 原則5: システムが大きいほど、滑走路は大きい
  • 原則6: システムアーキテクチャは役割間の強調のためにある
  • 原則7: イノベーションに独占は無い
  • 原則8: アーキテクチャフローを実装する

特に原則4は大事で、テストできなければ動かないと見なされる。

従来型の発想がもたらすAgile開発での問題(詳細は本誌)

  • 小手先エンジニアリング
  • 御用聞き気質
  • 目一杯稼働
  • とにかくやれ
  • マイルストーンによる制御
  • 丸一日分のプロジェクトを計画できる

これらに対して、AgileやLEANにおいて比較した内容も記載しているが、それは本誌を参考に。

プロジェクト管理の多くは今までPMBOKが中心だったが、これからはアジャイルプロジェクト管理という、従来のプロジェクトとは異なった形でプロジェクトを管理する必要がある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中