ruby console による、コマンドライン越しのAppiumによる画面要素取得

Appiumのチュートリアルが充実してきましたね。

中でも、以下のconsoleによるチュートリアルは役立ちそう。
まだチェックしてないですが、チェック。

https://github.com/appium/training/blob/master/modules/source/appium/01_ruby_appium_native_ios_automation/02_appium_ruby_console/04_starting_the_console.md

あと、動作確認しましたがSelenium 3に向けて、以下のようにcapabilityは修正されていく模様。動作確認も、一応してみました。

ただ、chrome指定がapp要素ではなくbrowserName要素でないと動作しなかった。。。

IOS_CAPABILITIES = {
  automationName: 'appium',
  platformName: 'iPhone',
  platformVersion: '7.0',
  deviceName: 'iPhone Retina (4-inch)', #only for ios simulator: 'iPhone Retina (3.5-inch)'
  app: 'safari'  #app: APP_PATH_IOS
}.freeze
ANDROID_CAPABILITIES = {
  automationName: 'appium',
  platformName: 'Android',
  platformVersion: '4.2',
  #deviceName: '', #e.g. Nexus 4
  #app: APP_PATH_ANDROID
  browserName: 'chrome'
}.freeze
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中