Selenium3のCapablityのDraftにappiumが出てきましたね

Appiumの0.17.3がリリースされてましたね。

あと、Selenium 3のspec draftにて、capabilityにappiumなどが追加されてきましたね。

https://code.google.com/p/selenium/source/browse/spec-draft.md?repo=mobile

=======
Desired Capabilities
——————–

New desired capability keys:

* `automationName`: specific automation tool, e.g., `appium`, `ios-driver`, `selendroid`
* `platformName`: platform to automate, e.g., `Android`, `iOS`
* `platformVersion`: platform version e.g., `4.3` (for Android) or `6.1` (for iOS)
* `deviceName`: specific device names including version information, e.g., `Nexus 4`, `iPhone 4S`, `iPhone Simulator`, `iPad Mini`
* `app` (optional): path or uri to AUT
* `browserName` (optional): web browser to automate as a webdriver session, e.g., `Safari`, `Chrome`
======

他、ぱっと見の変更点として使いやすくなったのは以下でしょうか。

  • instrumentがnpmとして切り出された
  • androidの’app-package’, ‘app-activity, の指定が不要になった(指定.apkからappium側で処理するようになった)
  • (いくつか試験を実際に繰り返し回してみて)動作が安定してきだした

Androidのcapability指定が以下のようにiOSと同じように楽になりましたね。

IOS_CAPABILITIES = {
  browserName: '',
  device: 'iPad',
  deviceName: 'iPad Retina',
  version: '7.0',
  app: APP_PATH_IOS
}.freeze
ANDROID_CAPABILITIES = {
  browserName:'',
  device: 'Android',
  version: '4.2',
  app: APP_PATH_ANDROID,
  newCommandTimeout: 60
}.freeze

あと、最近になって気づいたのですが、Genymotionを使ったAndroidのシミュレータの試験、すごく使いやすいですね。Androidのテストも(実機以上に)非常に高速で終えることができる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中