rbenvを使ってみる

Ruby関連(gemファイル含む)のバージョン管理において、今更ながらrbenvを使ってみました。

 

今までは、下記のrvmを使っていました。

比較自体は他Webページに多く記載されているので、そちらに任せますが、bundlerと相性が良いらしいrbenvを試してみよう、ということで私物MacにrebenvをいれてRubyの実行環境を再構築しました。

参考にしたページは、rbenvのインストールドキュメントだけなので特に説明はありませんが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中