“シリコンバレーの金儲け”を読んだ

積読にしていた「シリコンバレーの金儲け」を読みました。渡米前後で、このシリコンバレーという地の状況を知りたいなと思っていたためです。 歴史的背景、根付いた風土など。”金儲け”と題目には書いていますが、思った以上に幅広い話題に触れています。そのなかで、私自身強く感じたことですが”投資”に対する姿勢が違うなと感じました。 実体験としても、私の経験した限りでは米国の方が投資からの共に成長していく感じが強いように思えました。これは現在の企業で働いているうえでも薄々と感じていたことでした。

米国生活(Early 2021) – 歯医者

渡米して6ヶ月、定期歯科検診をちゃんと続けようと思い歯医者に行ったのでそのメモ。 最終的に行った歯科はiSimile Dental。日本語が通じるところが良いなと思いGoogleで検索して比較的近場で見つけたけれど、結果的に日本語話者は今は勤めていなかった模様。他にも日本語対応ぽい歯医者さんも多かったけれど、距離が少し遠いことと保険の関係でiSmile Dentalにお世話になることに。 日本で最後に行ったチェックアップとクリーニングが6ヶ月くらい前の段階、米国ではこれが初めての歯医者であることなど伝えたら丁寧に対応してくれました。フロスなどすでにちゃんとやっていたので、結果的には今回は問題なくて次回のまた6ヶ月後に検診しましょうね、となって終わった。クリーニングも日本とほぼ内容も同じ。ただ、日本の時に行ってたところの方が丁寧だったかな… 費用は保険があったのでゼロ。歯科に到着したら受付に行って、対応、検診して終わって次回の予約をしてそのまま帰宅。何も払うことなく終えました。次回もゼロの予定。 検診時、ドクターがパッと見た感じ怪しそうなところを教えてくれた。ただ、そこは日本にいた時から経過観察しているところだと伝えたら、現段階ではやっぱり今も経過観察で良さそうね、と言われた。X-Ray、歯周ポケットの深さなどの確認を終え、クリーニングを行い、無事に終了。 日本語は結局なかったのですが、この段階の私の英語力で十分なやりとりはできた。ただ、”顎関節症”などの症状名などになってくると語彙力が足りないのでそこは別な言い回してすませていた… とりあえず少し前進。

“ベストセラーで読み解く現代アメリカ” を読んだ

米国の、特にさまざまな環境の背景といったものを知るために ベストセラーで読み解く現代アメリカ を読みました。現段階では日頃の生活には特に支障はなかったり、もしかしたら大きな影響はないかもしれませんが、米国で生活していく上でいろいろな事柄の背景を知っておく方が良いと考えたためです。 内容はいくつかの章に大別されていていいろいろな背景を見ることができました。実際に気になった書籍もあるのですが、実際に購入したりBlinklist(referral)を利用してサッと内容を聴いたりしました。広く浅くまとめると、新しい地でいろいろと議論などしながら進んでいく国、ということなのですね。